上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
本日の楽しい会話。

登場人物はパートのおば…いや、少し年上のおねえさま方w(以下、パート)と
社員さん達(以下、社員)



パートA「ナラ君って背、そんなに高いほうじゃないよね?」
ナラ「…はい」
パートB「じゃあ、大丈夫だ」
ナラ「はい?」

パートA「年末に着ぐるみ着てもらうことになるかも知れないけどよろしくね」
ナラ「……」


着ぐるみですか・・・
50%くらいの確率で着ることになるらしいです。






気を取り直して、紀行文を先へ進めましょう。


本題へ入る前に、地図を一枚載せておきます。
oodaimap

クリックで大きくなります。設定にミスがなければ…


やっぱり全体図はRPGの基本アイテムですよね(笑)
そんな感じで、紀行文からいつの間にかRPGに変わりつつありますが、
以下、本日の冒険行程です。




本日分。
oodai12

こちらはクリックしても変わりません><



歩き始めて数分で白い物体(雪)を目の当たりにすることになりましたが、
ちょうど陽の当たりにくい場所を歩くことになったので、次第に白さが
際立ってきました。




小橋。
oodai8

さりげなく右手がだったりするのですが…





こういう場所は大抵そうですが大台ケ原も散策路が設けられており、
そこから自由に外へ出ることは制限されています。
自然を壊さずに楽しむためには最低限のルールは必要ですからね~。




散策路の周りの光景。
oodai7

手付かずの森がうっそうと広がってます。






登山靴なんて用意してる訳もないので足もとは普段と同じ革靴です。
タダでさえ雨の日とかはよく滑るのに…




散策路の様子。
oodai9

何度となく足元を取られかけました。






この先大丈夫かなぁ~なんていう不安が頭を過ぎりつつも
歩を進めること約30分。
第一のスポットに到着です。


その頃には日向に出て、雪の量も減ってきました。←間違った表現w




すべりやすい階段を上ると、『日出ヶ岳』
oodai10



じゃじゃーん。
oodai11




『日出ヶ岳』がどんな場所かはまた明日!

↓まずは一ページめに戻らないと。
FC2ランキング


スポンサーサイト
2006.11.30 / Top↑
『とらばーゆ』しました。
正確には、今までやってたバイトを辞めて新しいバイトを始めただけ
ですが…
それはまた追々書いていきます。気が向けば。




長いこと引っ張ってきましたが、ようやく紀行文第二弾がを
お届けすることができそうです。

第一弾はこちら↓。
・目次&お願い
・第一弾(その1その2その3その4

では早速行ってみましょう!←何だ、このテンション


まずは大台ケ原の説明を少々。

大台ヶ原山(おおだいがはらやま)は奈良県吉野郡上北山村、同じく川上村および三重県多気郡大台町に跨って座す山。標高1694.9m(日出ヶ岳)。日本百名山の一つ。日本の秘境100選にも選ばれている。

頂上の平坦な山が周辺にいくつか集中しており、それらをひとまとめにして単に大台ケ原(おおだいがはら)と言うこともある。このような頂上が平坦で周囲を傾斜が急な崖で囲まれている地形を隆起準平原というが、大台ケ原は日本では珍しい隆起準平原の例である。
(出典:ウィキ


上の説明文でも言われてますが、一言で言えば秘境です!
冬季(12月~3月)は入山できないので、思いつきで11月の中旬に
行ってきました。



道中の運転席より。
oodai1

もちろん停車中ですよ。






目的地が近づくに連れて次第に山が深くなってきました。

oodai2

これも十分秘境ですよね?(笑)





実家から車を走らせること約2時間。
『コブクロ』のアルバムを聞きながら一人ドライブ♪





到着です。
oodai4

いい天気ですね~。





ハイキングコースの入り口にはこんな看板が。
oodai5






紅葉を楽しみに来たのに何か物々しい看板だなぁ~
なんて思ってると…
oodai3





歩道には雪が!
しかも至る所に!!


さようなら、紅葉さん。
こんにちは、雪さん。


辛うじてマフラーこそ持ってたものの、それ以外は何も防寒対策
などせずに来たのですが・・・




歩き始めて数分後の光景。
oodai6

果たしてどうなることやら。



続きはまた明日☆

めざせ、ベスト5入り!まだまだ遠いですが…
FC2ランキング





2006.11.29 / Top↑
まだ一月以上残ってますが、試験が終わってちょうど区切りが
いいのでここで今年を振り返ってみようと思います。


大学を卒業し、実家に戻って試験勉強を中心に据えて過ごした一年。
旧試に関しては択一で去年までの合格ラインと今年の合格点の間という
一番避けたかったエアーポケットに入り、敗退。

ロー入試に関しては、今は結果待ちの身ですが、私立だけの結果を
振り返るなら想定してた以上に苦戦を強いられました…


ごく簡単に振り返るならこんな感じです。
5月の択一に始まり、先週末の国立の入試まで、約半年に渡って
試験やら入試に追われて過ごしてきたわけですが、折に触れていろいろ
考えさせられました。


択一後のショックからはすぐに気持ちを切り替えられたのですが、
いかんせん10月あたりの精神状態は酷いものでした。
「物事が手につかない状態」の辛さを再認識させられました。


これまであまり考えないようにしてたのですが、本気で
法曹以外の道を検討しようかなあと思うこともありました…
今年ローに入っても卒業時には27歳。
そのころの試験の合格率は20%前後?
一回で受かったとしても28歳で、すんなり就職できる保障もない。

そういった諸々の要因を考えると、ちっぽけなプライドなんか捨てて
今から就職を考えることもそう悪いことじゃないような。
名前にこだわらなければどこかは拾ってくれるだろう。


・・・そんなことを考えて過ごした時期もあります。
そして出した結論は、ロースクール進学です。
青臭い言葉ですが、弁護士というライフスタイルへの強い憧れは
いまだに自分の中では顕在してます。
今まであまり深く考えずに人生の選択をしてきた僕にとっては
大げさかもしれませんが人生最大の選択でした。


と、ネガティブなことばかり書いてきましたが、いろいろ
考えたおかげでロースクール進学後、そして卒業後の方向性は
かなり具体的に描くことが出来るようになりました。
『怪我の功名』っていうヤツでしょうか…


相変わらずこの新しいロースクール制度に対しては言いたいことが
山積してますが、入学すると決めた以上、そういった思いは胸の内に
押さえて、21世紀版「高等遊民」になることとします。


試験勉強はもちろんですが、社会勉強もしっかりしないといけませんね。
硬軟両方に対応できる大人になることが目標です。



最後に。最近、ロースクール関連の検索ワードでこのブログにたどり着く
方がいらっしゃるみたいなので一言だけ。
お役に立てる内容がなくて申し訳ございません。当ブログはあくまで
勉強の息抜きという形でのんびりやっていこうと思ってますので、
お探しの情報は別のページにて見つけてくださいませ。





こういった心境を素直に表現した文章を書くのは疲れますね(苦笑)
次回からは『紀行文』の予定です♪

やっぱりブログは楽しくやりましょう!

2006.11.28 / Top↑
いや、なんとなく使ってみたかっただけなんです、このタイトル…



構内の銀杏の色づきはまだまばらでした。






もう一枚。
ichou1.jpg






おのれは何をしに行ってきたんだ!って感じですね(苦笑)


以下、試験について少々の感想を。
問題は過去三年間の問題と比べると「普通」な印象を受けました。
試験時間の半分が過ぎても全く鉛筆の先が動かないという感じではなく
一通りは書けそうな、そんな問題でした。
ただ、事案の特殊性にどこまで踏み込めたかは疑問です…


実質倍率で約3倍ということは上位3分の1に入ることが必要ですが、
年齢や学部成績を考慮するなら、少なくとも土曜の試験では
上位4分の1~5分の1には入ってないといけないような…


と、あれこれ考えても仕方ないので(募集要項には『総合評価』の一点押し)
気長に約3週間待つことにします。

待つと言ってもその間にしたいこと・やらなければならないことは
たくさんありますので、まだ師走までは数日残ってますが
気持ち的にはもう『師走モード』です。
まずは部屋の掃除から…



おまけ。
ichou3.jpg



明日もう一本雑感記事を書いた後は、写真ブログらしい記事を
お届けする予定です!

2006.11.27 / Top↑
机の上


雑然。


書類でごったがえしている本棚(と呼んでいいのでしょうか?)です。
最初はテキスト類を置いてたスペースだったのですが、次第に書類に
侵食され、今やすっかり書類で埋め尽くされました…



来週の今頃にはすっきり片付いてるはずです。
いや、きっと(希望的観測)



そんなわけで(←どんな?)体調を崩すこともなく最後の試験日を
迎えられそうですので、やれるだけのことをやってきます!!

いくつか張ったヤマが一つでも当たる事を祈っておいてください(笑)


では、次回の更新は週明けの予定です。
行ってきます!(と言っても移動するのは金曜ですが)
2006.11.23 / Top↑
ご近所様からの頂き物です。


チーズムース



ほほぅ、チーズムースですか。
そんなもので僕が釣れると思ったら・・・





大正解です(笑)
いや、別に何か対価を要求されたわけじゃありませんが…


あまり濃いチーズはダメなんですが、これは程よくチーズが効いてて、
しかも付属のブルーベリーソースとの相性が最高♪



ありがとうございます!!



↓紀行文はもうしばらくお待ちください!
FC2ランキング
2006.11.21 / Top↑
最近、趣味の欄に「温泉」の二文字を追加しようかなと
割と本気で思ってるナラです、こんばんは。


一体何歳なんでしょう、僕は…




そんなことはさておき、本題へ。
先日、某ローから合格の通知を頂いたと書きましたが、
残る一つの選択肢である国立(母校)との勝負が近づいてきました。

来週末(25日)です。
数日前に一次の結果が届いて、今年は無事試験会場へ入れるとのことです。
去年は・・・(遠い目)
適性試験さえなければ・・・(遠い目)

通知の入った封筒が去年同様薄っぺらかったので
開ける瞬間、かなり怖かったです。


いやいや、そんなのはもう過去の話です。
大事なのは現在、そして将来!!


私大の入試が終わってからすぐに勉強を国立用にシフトさせてるので
今更その内容を変更する必要はないのですが、
悔いが残らないよう、最後までしっかり準備して試験に望む次第です。


どんな問題出るのかな~。
ちょっと楽しみです。
試験が始まったらそんな思いを一瞬で吹き飛ぶのでしょうが…
2006.11.19 / Top↑
今日含め4回に渡ってお届けしてきた紀行文第一弾『奈良の秋』も
本日で完結です。


昨日までの3回はめずらしく綺麗なモノを中心に写真を
アップしてきたので、今日は少し方向を変えて散歩中に見かけたものを
お届けします。





まずはお昼ご飯。
体が冷えたので温かいものを食べようと商店街を彷徨ってると、
何やらうどん屋さんの前に行列を発見!


観光客に紛れて並んできました。

オーダーしたのは「かやくうどんセット」
naramachi6

これで600円!
満足の値段です☆






続いて、お土産屋さんを物色。
naramachi1

定番ですね…




naramachi4

こちらも定番グッズです。






こ、これは・・・
naramachi2

初めて見ました。ホントにおつまみとして合うのでしょうか…




県外から来た観光客でもないので、特に何も買わず別の店へ。
「モノ」よりも「食べ物」です!




写真で伝わるか怪しいですが、2人で勢い良く交互に餅を
ついてました。
naramachi5

タイミングが命ですね。




そのお餅がベルトコンベアーに載せられて…
naramachi3

「我が人生に一片の悔いなし!」(byラ○ウ)





搗きたてのお餅も捨てがたかったのですが、その隣の店で
売られてた煎餅の誘惑に負けました。
これは何味でしょう?
naramachi7


正解は・・・紫蘇(シソ)です。
どんな味か、すごく気になったので一枚購入。130円でした。


うん、美味しい♪
ただ…熱いお茶をズズ~とすすりたくさせる一品でした(苦笑)








こんな感じの紀行文でしたが、いかがでしたか?
皆さんのクリックのおかげで先ほど覗いていたら21位まで上がってました!
より上位を目指して早速第二弾「大台ケ原」編をお届けします!!


…と行きたかったのですが、諸事情により第二弾は月末から再開という
ことにさせてください。
楽しみは後にとっておきましょう♪


次回からしばらくはまた平常営業です。
2006.11.17 / Top↑
リンクを一件追加しました。
『満天ハチャメチャ日記』(管理人:満天さん)

職場のお話・読書・ゴルフといろんな話題を綴るその文章力に
惚れ惚れしております。







今回は奈良公園の紅葉の様子をお届けします♪


ナビをしてくれるのはこの方達です(嘘)
shousouin8

くつろぎすぎっ!





今年は例年に比べると色付きが甘いとのことでしたが、
場所によってはいい感じで色づいてました。
shousouin14






紅葉を求めて多くの観光客が来ており、
熱心にカメラを覗き込んでる方もたくさんいました。

shousouin13






前日に雨が降ったため、結構散ってしまったらしいです。
でもそれが赤いカーペットっぽく見えて却ってよかったかも。
shousouin10





shousouin11






東大寺付近をウロウロしたり、観光客があまり通らないような小路を
散歩したり、秋の奈良を満喫しました。




穴場スポットから見上げる興福寺五重塔。
shousouin9






本日のベストショットは・・・

shousouin15

うまく収まってくれました。
やっぱり鹿は外せませんね(笑)



お腹がすいてきたので、お昼ご飯を食べに行くことに。
次回へ続く。



↓どのあたりにいるのでしょうか?
FC2ランキング
2006.11.16 / Top↑
昨日の続きです。
読んでない方は正倉院展vol.1からどうぞ!


順番が前後しますが、展示を見終わった後に記念品を受け取ってきました。



外装。
shousouin5


さて中身は何が入ってるのでしょう?




じゃじゃーん!
shousouin6


展示品の一つ、紅牙撥鏤尺(こうげばちるのしゃく)をかたどった物です。
現代で言うところのものさしだそうです。



おじさんとの出会い&この記念品ですでに心の8割は満たされました。
さて肝心の展示はと言いますと…

shousouin4


お届けできるのはこれだけです><
館内は当然写真NG。
ここに限らず、日本国内の博物館ではどこでも写真撮影は禁止されてるので
仕方ありませんね。
海外の有名な美術館、それこそ大英博物館やルーブル美術館ではOKなのに…
でも館内の混み具合を考慮すれば文句は言えません。



そんな次第で、写真はありません。
ただ、この正倉院の中にある宝物の多くはシルクロードを渡って
日本へもたらされたもので、すごく色鮮やかな物が多かったです。



昨日の記事の中で、年によって出展される内容が異なると書きました。
今年の展示品はどうなのかと言いますと…

残念ながらハズレ年だったみたいです。(ちっ…)
それこそ日本史の資料集に載ってるような超一級品のお宝は
出品されてませんでした。




日曜日かつ最終日ということで人の数がすごく、とてもじゃありませんが
ゆっくり立ち止まって鑑賞することは不可能でした。

結局、一時間ほどで館内を一通り回り終え、外へ出ました。




あっ、おじさんとは最初のエリアで一度会いました。
約束どおり、目で挨拶してまたお互いの決めたコースへ。
結局名前も聞きませんでしたが、素敵なおじ様でした。




はい、そんな感じで正倉院展は終了。
毎年この時期にやってますので興味を持たれた方はぜひ
足を運んでみてください!
運がよければ素敵なおじさんとの出会いもあるかもしれませんよ(笑)



外はすごく寒く、体が冷えたので駅前の喫茶店へ一時避難し、
(ここで『蒲生邸事件』を読み終えました!)
暖かくなってから再始動。


向かった先は・・・
彼らのいる場所です。
shousouin7


次回の主役(笑)


このペースだとあと2回で1シリーズが完結でしょうか。






↓さっき覗いてみたら35位でした。
もう一押し、お願いします!!
FC2ランキング


2006.11.15 / Top↑
告知ももう十分に行ったので、早速本題へ。

「正倉院展に行こう!」と思い立ったのが、最終日前夜。
最終日は日曜日で大混雑が予想されましたが、せっかくの機会
なので強行することにしました。


順番が前後しますが、正倉院展とは・・・
毎年秋に奈良国立博物館で行われる、正倉院の中の宝物が展示される
特別展のことを指します。
年によって出展されるものが違い、それも醍醐味の一つだそうです。
期間は例年だと17日間ですが、今年は節目の年ということで3日
延長されて20日間となりました。
来場者数は20万人を越す秋の奈良の一大イベントです。


簡単に説明いたしますとこんな感じです。
もっと詳しい正倉院展全体の案内はコチラを参照。




能書きはこれぐらいで。
いざ行ってみるとすごい人の列@8時(開館一時間前)
shousouin3



突然の思い立ち立ったのでチケットは当然なく、当日券売り場の列に
並ぶことに。
15分ぐらい待ってると窓口が開き、列が進み始めました。
そして無事チケットを入手。


その後、今度は入館するための列に移動。
と、この時、横に並んでたおじさんに話しかけられました。

おじさん「すごい列ですね~。」
ナラ「そうですね。」

こんな感じの何の変哲もない話し掛けだったのですが、なぜかすっかり
意気投合し、入館するまでの間ずっと会話してました。


何でも、おじさんは東京で会社を経営してて、毎年見に来てるこの
正倉院展を今年も見るために今朝、夜行バスで奈良に降り立ったとの事。

すげー。
なんてバイタリティー溢れるおじさんなんだ…



話に夢中になってたせいか、あっという間に時間が経ち、開館時間に。
列が動き出し、割とスムーズに入り口まで到着。


入り口でこんなものを貰いました。
shousouin2


スピードくじらしいです。

「こんなのって早々当たるもんじゃないよね~。」
とか話しながらめくると…





おじさん:残念
ナラ:当たり!

shousouin1


当たっちゃいましたよ!!

何か記念品が貰えるらしいです。
展示を見た後で交換って書いてあったので、まずは展示をみることに。


ここから先は2人で別行動を取る事にしました。
と、別れ際に
おじさん「また(館内の)どこかで会ったら目で挨拶しような」
ナラ「はい、お互い楽しみましょう!」
そして堅い握手を交わして分かれました。



何だ、このカッコいい別れは!?
渋すぎです、おじさん。




さて展示は・・・
次回へ続く。


↓紹介文も少し変えてみました。
FC2ランキング
2006.11.14 / Top↑
昨日の記事の最後で予告した通り、今回から数回に
分けて、紀行文めいたものを書いてみようと思います。


ただ…まだ編集作業が終わってないので今日は(も?)
予告だけです><
いかにして少ない労力で内容のあるものを書くか、熟考中です(笑)


書こうと思ってる内容は…
1:正倉院展と奈良公園の紅葉めぐり
正倉院展





2:大台ケ原散策
大台ケ原



この2本立てで行きます。
それぞれを数回に分けて記事にする予定です。
写真だけはたっぷり手元にあります♪



と、ここでお願いが一つ。
せっかくまともな企画を思い立ったので、こういう時こそ、
設置した本人すらその存在を忘れつつあるランキングと
連動させようと企んでます。
そういう次第で、記事の最後にバナーを置いておきますので、
ポチッと押してくださると幸いです。


落ちるトコまで落ちきった感のあるこのランキングを
まずは一ページ目に表示されるところまで回復させるのが
当面の目標です。←志が低い…
あっ、ちなみに登録してるのは「写真日記」ランキングです。
他に適当なのがなくて・・・


それでは、明日から勉強の合間を見て順次書いていきますので
のんびりとお付き合いください☆。


↓お帰りの際はコチラからw
FC2ランキング
2006.11.13 / Top↑
『読書の秋』を通り越して、もう冬の気配が感じられますが…



蒲生邸事件



前から読んでみたいと思ってた作品を一気に読んじゃいました。
宮部作品は、読んだ順に『クロスファイヤ』→『火車』→『模倣犯』
→『理由』→『蒲生邸事件』と五作目です。
(若干、順番に自信ない部分もありますが…)


評判どおり、すごくいい作品でした。
いろいろ要素がバランスよく散りばめられてて、作品としての
完成度が非常に高いと思います。










予告を一つ。
次回から数回に渡って少し紀行文めいた特集を行う予定です。
予定は未定なので変更の可能性はありますが…
そうならないように祈っていてください!
2006.11.12 / Top↑
本日、ようやく来春以降の身分が確定しました。

いや、せっかくの吉報なんだからこんな
遠まわしな表現は避けましょう。





受かったぞ~!

ロースクール、受かったぞー!!








ここからは冷静に。
ようやく一つ、合格校を確保しました。

ここ一ヶ月、受験関係の話題を避けてきたことから察しのついてた
方もいらっしゃるかもしれませんが、面接まで進んだ2校にまさかの
2連敗を喫して、もう後のない状態でした…

うち一つは敗因が明確なのでさほどダメージはなかったのですが、
もう一つは何がダメで落とされたのか不明瞭で、ただただ不合格という
結果にショックを受けました。


そんな最悪の精神状態で臨んだ最後の面接。
そこに待ってたのは、ひどい「圧迫面接」でした。

2つ目の質問で、あぁそういうことかと察知し、以後は守りに徹し、
自分の中では守りきったと思うのですが、
いかんせん先2つの苦い体験があるので発表を見る瞬間はやはり
ドキドキでした。



今回もまたネットでの確認でしたが、一回クリックするごとに
寿命が10年縮まるような、そんな精神状態でしたよ。
(チキンですから・・・)



何はともあれ、ここ一ヶ月の最悪の精神状態からは抜け出せそうです。
今日からは枕を高くして寝れるや(笑)




さて、今後ですが。
今のところ受験を申し込んであるのは、国立一校(母校)、公立一校の
計2校です。
公立に関しては、カレンダーの関係でとりあえず出願はしたものの、
授業料が安い以外には正直あまり惹かれるものがないので、
私立を確保した以上、おそらく受験回避すると思います。


なので、残りは実質国立一校だけです。
まだ一次選抜の結果が出てないので、勝負の舞台に立てるかすら
未確定ですが、月末の試験に向けて勉強あるのみ!
・・・この週末はラストスパート前の最後の休息ということで
勉強時間は減らす予定ですが。



入試や司法試験全般に関しては思うところが多々ありますが、
今日のところは現状報告のみ、ということで。



正直な感想:ホッとしました。
2006.11.11 / Top↑
みかん


みかん、みかん、みかん、みーかーん♪




今日のメインはみかんじゃなくて野球。

阪神の井川も入札制度で米挑戦=「日本の代表として成績残したい」-プロ野球(時事通信)


今年に関しては容認ムードが漂ってたので特段驚きはありませんが、
正式に決まったようですね。
喧嘩別れで飛び出していくよりは気持ちよく送り出すほうが井川本人・球団・そしてファンにとっても一番いい形なんじゃないでしょうか?


井川が抜けるのは先発のローテを考えると痛いことは確かですが、
いい左腕が出てきてくれることに期待しましょう。
江草あたりどうなんでしょう?
一時期すごくいい感じだったのですが…


大リーグ行きが決まったのはいいことですが、果たして井川は本当に
通用するのでしょうか?
過去、海を渡った投手の顔ぶれを見てみると、全く通用しないということは
まずないと思いますが、かといって日本に居たときよりも活躍できるかと言われると怪しいです。


調子がいいと思っても急に崩れたりするし、時にはすごくいい内容の
ピッチングもするし、いかんせん掴みどころのない投手です。


どちらにせよ、元「虎のエース」という看板背負っていく行く以上、
その名に恥じない活躍をお願いします!



>「日本の代表として成績残したい」
ハードル上げてるなぁ(笑)
2006.11.10 / Top↑
ロイヤル




そろそろ缶コーヒーを飲む際に「ホット」のボタンへ指が伸びる季節です。



昨日は特別寒い一日でしたが、その影響で(放射冷却)、今朝は
今年一番の冷え込みでした。

ニュースを見てると奈良市の最低気温は2,6℃
今年の初霜を観測したとの事。


僕が今住んでる場所は、盆地の最南端なので気候的には山に近く
朝晩の冷え込みがキツイ場所です><

奈良市内で2,6℃ということは・・・
考えないほうが良さそうです(苦笑)
2006.11.08 / Top↑
ホントは昨日の出来事なのですが、敢えてその日のうちに
触れる必要もあるまいと思い、スルーでした。



昨日11月7日は・・・
うちのおかんの誕生日でした。



今年で50歳らしいです。(←他人事)



何を勘違いしたか、誕生日プレゼントに赤いスカートを買えと言って
ききません><

…寝言は布団の中だけにしてくれ!!



何度もくだらんことを言うので、一言。
「同じ赤い服でも、還暦に着る赤いちゃんちゃんこを10年前倒しで
 贈ろうか?」


ようやく黙らすことに成功!




一緒に暮らしてて思うのですが、いかんせん話の内容がテキトーな
場面が多くて困ります。



先日、必修科目履修漏れのニュースを見ながら交わされたやり取り。

おかん「私も昔は日本史・世界史やってんで。
    ほら、あの格言『…ほととぎす』」

ナラ「家康は?(あまり関心なし)」

おかん「家康?『鳴かぬなら殺してしまえほととぎす』」

ナラ「違う!そんな短気なヤツが260年も続く幕府を開けるかっ!」

おかん「江戸幕府?あれって足利尊氏が作ったんやろ?」

ナラ「…日本史の単位、大政奉還しろ!」




最後のツッコミのキレがいまいちとかそういうことは置いといて
終始こんな感じです。
ヤレヤレ(苦笑)
2006.11.08 / Top↑
最近ちょっと気になる話題に関連したニュース。



前任病院で病気腎移植10件 万波医師、90年ごろから(共同)


モト冬樹に似た何かとお騒がせな医師です。


気になった箇所を引用。

>万波医師は「生体腎移植、死体腎移植に続く第三の道として、
>このような医療行為も残ってもいいのではないか」
>と正当性を主張するコメントも発表した。




移植を待ち望む人が多数いる一方でドナー不足から満足に移植が
行われていない現状に照らせば、確かに病気腎移植も安全性が確保
できる範囲で認められる余地はあってもいいとは思います。


ただ、今回の一連の報道を見てると、どうもこの医者の独断で、
しかも何ら一貫性無くその場の判断で移植をしたりしなかったしてて、
その点に問題があるのではないでしょうか?


『病気腎移植』を医療行為として認めるのであれば、原則と例外、
そして例外を適用する際の要件をきちんと決めておかないとこういう
問題が次々起こってくると思います。


説明も二転三転しているし、どうもすっきりしない事件です。
2006.11.07 / Top↑
昨日の自分に一言:
ムダにハードル上げてんじゃねぇ~!!




気を取り直して。
昨日の寄り道で陸上競技場へ向かったわけは…
高校駅伝観戦でした。


特に関係者が走ってるわけでもないのですが、近くで開催されてるってことで
青春の1ページに触れようと思って(←?)行ってきました。


駅伝1




陸上競技場を走るのはスタートとゴールの時だけで、それ以外は
外周を使って開催されてました。




何気にベストポジションをキープ。
駅伝3





しばらく一箇所で高校生とそのOBOG&父兄に混じって見てたのですが、
せっかくなので周囲を散歩してみることに。



中学校のときに陸上部に所属してて何度となく通った場所だったので
当時のことを懐かしみつつウロウロ。



駅伝2

リレーもよく走ったなぁ~。
(最後の最後、バトンミスで終了→引退でしたが…)



駅伝4

大会のときもこんな感じで記録が張り出されると人が群がってたなぁ~。
(当時はめんどくさい雑用で嫌でしたが…)




そっか~、もう10年も前の話なのか・・・
10年一昔と言いますが、果たしてあのころから成長してるのでしょうか。
様々なことを経験して変わった部分ももちろんありますが、
変わってない部分も結構あったりして複雑な思いです。




と、話がなんだかしみじみした方向へ行きそうになってますが、
駅伝の話に戻しましょう。


ゴールシーン。
駅伝5




いや~、感動感動☆

と、いきたかったのですが、いかんせん一位のチームが独走で
あまり盛り上がってませんでした><
むしろ2位争いの方が白熱してて、2位・3位の選手が殆ど差の無い状態で
競技場へ姿を現したときが一番盛り上がってましたとさ。
それでいいのか、県大会!


選手ならびに関係者のみなさん、お疲れ様でした!
2006.11.06 / Top↑
三連休も今日でお終いですね~。
みなさんどのように過ごされましたか?


僕は…図書館通い×3
でした><

そんなわけで、普段と何一つ変わらず連休を過ごしたわけですが、
少しは休日めいたことをしようと思い、今日は、図書館へ行く前に
少々寄り道。



向かった先は、陸上競技場&野球場のある公苑。

何が目当てかって?


もちろん、


トンボ


そう、トンボがけ。
一人でやると腰にくる作業もみんなでやればあっという間に
片付くから不思議です☆





んなわけはなく、

紅葉


紅葉?
でも名所の紅葉はまだ早い…




本当の目的は・・・

続きはWEBで!ではなく、本編は明日。
べ、別にハードル上げたわけじゃありませんからね。
2006.11.05 / Top↑
大きく『アキバ系』とペイントされたパーカーを着た
ハイキング客を見かけたとです…




昨日がやばいクマの記事だったので、今日は
やばくないほうのクマの話です。



『宇多田ヒカルpresents 「ぼくはくま」Special Site』

彼女が「みんなのうた」のために書いた曲らしいです。
素朴で結構いい曲かも♪


でも・・・
やっぱり大人向けの新曲もリリースして欲しいです!
2006.11.03 / Top↑
特色入試って何ですか?>奈良県高校入試
時代は回ってるんですね~。





こんな画像を拾ってきました。
一文字変えただけなのに、雰囲気はガラッと変わってしまいます。





ラリックマ


『リラッ○マ 一文字変えると やばいクマ』

白目っぷりとかその他諸々含めていろんな意味でヤバイ画像ですね(苦笑)
2006.11.02 / Top↑
『ウェンツ』の分類はお笑いで合ってますよね?




最近音楽から遠ざかった乾いた生活を送ってますが、
テレビCMでたまたま聞き、無性に欲しくなって購入した
CDがあります。

ここのところ多いな~、この「たまにはいいか」で動くこと…



それはさておき、買ったのはこれです。

beautiful songs

「Beautiful Songs~ココロ デ キク ウタ~」


柄にもなく洋楽です。
<曲目>
01.ユア・ビューティフル/ジェイムス・ブラント
02.バッド・デイ~ついてない日の応援歌/ダニエル・パウター
03.イット・ドント・マター/ドノヴァン・フランケンレイター
04.ユー・アンド・アイ・ボース/ジェイソン・ムラーズ
05.ザ・ワン・アイ・ラヴ/デヴィッド・グレイ
06.カム・オン/ベン・イェレン
07.ホリデイ・フロム・リアル/ジャックス・マネキン
08.ザ・クローゼスト・シング・トゥ・クレイジー/ケイティー・メルア
09.ホエア・トゥ・スタート/エリン・ルース
10.ホエン・ザ・ハートエイク・エンズ/ロブ・トーマス
11.ソングバード/オアシス
12.ザ・ブロウワーズ・ドーター/ダミアン・ライス
13.ステイ/リサ・ローブ
14.ナイトスウィミング/R.E.M.
15.ウォーキング・アウェイ/クレイグ・デイヴィッド
16.ユー・ワー・メント・フォー・ミー/ジュエル
17.ハレルヤ/キャスリン・ウィリアムス
18.ルック・ホワット・ユーヴ・ダン/ジェット
19.ピース・ビー・ウィズ・ユー/ボー・ヤング
20.フォロー・スルー/ギャビン・デグロウ
21.カンシオン・ミクステカ/おおはた雄一



たまには音楽を聴きながらぼ~と考え事もいいかも。
あっ、また「たまには」だ(笑)
2006.11.01 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。