上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
テンプレその他、いろいろいじってみました。



さて、試験から3日。
備忘録も兼ねて簡単に振り返っておこうと思います。

同業者以外の方には、何言ってんだ?という内容になると
思いますが、「ナラもいろいろ苦労してるんだなぁ」ぐらいの気持ちで
読み流してください(笑)


あと、同業者の方へ。
9月の発表まで試験のことは考えずに過ごそうと思ってますので、内容等の
ツッコミはご容赦ください。



短答
採点した結果、265前後でした。
可もなく不可もなく、という数字です。
商法の出来の悪さに採点中は軽く冷や汗かきました。



論文
①民事系
 民訴の出来が怪しいです。
 設問2前半、正解っぽい内容の一歩手前まで思い至ったのに、力及ばず。
 出来てる人の方が少ないことを祈ります。
 他の部分で何とか埋め切れてるかなぁ?という手ごたえです。


②選択(知財)
 特許について、直前に目を通していた均等論がドストライクでした!
 もともと出来ないことを想定してた科目なので、気持ちの上ですごく
 楽になりました。

 著作権の方もそこそこ書けたと思います。
 

③刑事系
 唯一自分の中で去年との比較が可能な科目です。
 (他の科目は、傾向が変わりすぎ&自分の去年の出来が悪すぎて比較不能)
 刑訴に2時間20分かかり、更に乙→丙→甲の順で検討したので最後甲について
 検討不足は否めません。
 後、刑訴の配点が気になります。
 
 トータル的には、ちょうど平均だった去年よりは多少手ごたえがあります。


④公法系
 このドSめ!と言いたくなります(涙)
 憲法に関して、ヒヤリングの中であれだけ書き方の枠について言及しておきながら、
 そのとおりには行かない問題を出すとは…。
 行政法に至っては、住民訴訟って…。確かに試験範囲ではある以上、文句は言えませんが、
 これまで勉強してきた行訴法について書かせて欲しかったです。

 去年とは憲法の形式が違うことを確認してから、行政法から着手し、2時間半強使用。
 設問3の両判例の比較が少し怪しいですが、全体としての出来はまずまず。

 憲法については、下の記事でも触れてるように、完敗。
 法令違憲的なことは全く書いてません。
 適用違憲及び立法不作為を中心に書くも、迫力不足は否めません。
 「自動販売機」と一蹴される答案にならないようには心がけたつもりですが、
 裁量論に引きずられた感がぬぐえません。


総評。
大きな不安要素は2つ。
それを他で何とかカバーできてるか否かで勝負が決まると思います。




後は、合格者数はどうなるんでしょう?
去年は大方の見方を裏切り、対前年比減少という結果でした。

「2010年に3000人の合格者数を」という小泉内閣時代の決定はもはや
完全に過去の話です。
政権交代があったし、どうなるのでしょう?


今の自民党は合格者数の増加に反対のスタンスですから、民主党は
普天間基地の問題と同様に「自民党の方針には反対、よって増加」という
流れになってくれないかなぁ。


後は祈るのみです。
9月9日の発表まで、小さな善行を重ねつつ祈っておきます。
2010.05.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://west6.blog60.fc2.com/tb.php/1086-80afdd24

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。