上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
まだ一月以上残ってますが、試験が終わってちょうど区切りが
いいのでここで今年を振り返ってみようと思います。


大学を卒業し、実家に戻って試験勉強を中心に据えて過ごした一年。
旧試に関しては択一で去年までの合格ラインと今年の合格点の間という
一番避けたかったエアーポケットに入り、敗退。

ロー入試に関しては、今は結果待ちの身ですが、私立だけの結果を
振り返るなら想定してた以上に苦戦を強いられました…


ごく簡単に振り返るならこんな感じです。
5月の択一に始まり、先週末の国立の入試まで、約半年に渡って
試験やら入試に追われて過ごしてきたわけですが、折に触れていろいろ
考えさせられました。


択一後のショックからはすぐに気持ちを切り替えられたのですが、
いかんせん10月あたりの精神状態は酷いものでした。
「物事が手につかない状態」の辛さを再認識させられました。


これまであまり考えないようにしてたのですが、本気で
法曹以外の道を検討しようかなあと思うこともありました…
今年ローに入っても卒業時には27歳。
そのころの試験の合格率は20%前後?
一回で受かったとしても28歳で、すんなり就職できる保障もない。

そういった諸々の要因を考えると、ちっぽけなプライドなんか捨てて
今から就職を考えることもそう悪いことじゃないような。
名前にこだわらなければどこかは拾ってくれるだろう。


・・・そんなことを考えて過ごした時期もあります。
そして出した結論は、ロースクール進学です。
青臭い言葉ですが、弁護士というライフスタイルへの強い憧れは
いまだに自分の中では顕在してます。
今まであまり深く考えずに人生の選択をしてきた僕にとっては
大げさかもしれませんが人生最大の選択でした。


と、ネガティブなことばかり書いてきましたが、いろいろ
考えたおかげでロースクール進学後、そして卒業後の方向性は
かなり具体的に描くことが出来るようになりました。
『怪我の功名』っていうヤツでしょうか…


相変わらずこの新しいロースクール制度に対しては言いたいことが
山積してますが、入学すると決めた以上、そういった思いは胸の内に
押さえて、21世紀版「高等遊民」になることとします。


試験勉強はもちろんですが、社会勉強もしっかりしないといけませんね。
硬軟両方に対応できる大人になることが目標です。



最後に。最近、ロースクール関連の検索ワードでこのブログにたどり着く
方がいらっしゃるみたいなので一言だけ。
お役に立てる内容がなくて申し訳ございません。当ブログはあくまで
勉強の息抜きという形でのんびりやっていこうと思ってますので、
お探しの情報は別のページにて見つけてくださいませ。





こういった心境を素直に表現した文章を書くのは疲れますね(苦笑)
次回からは『紀行文』の予定です♪

やっぱりブログは楽しくやりましょう!

2006.11.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://west6.blog60.fc2.com/tb.php/243-1c5830a8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。