上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
大学のエレベーターでドアが閉まりかけている時に教授っぽい人が
駆け込んできたので「開」ボタンを押そうと思ったのに間違って「閉」
の方を押してしまい、その御人をドアに挟んでしまったナラです、こんばんは。




面識はないけど教授なのかなぁ~。
どちらにせよ、スミマセンでした。



さてさて、ニュースをチェックしてる時に
いかにもというエサがあったのでたまには食いついてみたいと思います。

鳩山法相:司法試験合格者「年3000人は多すぎる」(毎日)


数日前にも似た内容の記事を見かけ、その時は「私見」という断り書きが
あったのですが、今日の記事にはありませんでした。
新聞社が付けなかっただけなのかもしれませんが。


今更そんな「正論」を吐かれても…
というのが素直な感想でしょうか。


もう少しで今年の新試験の合格発表がありますから、その直前ということで
色々な思惑があるのでしょう。


大臣が言った=即軌道修正なんてことにはならないので、
右から左へ受け流しておけばいいだけなのですが、ついつい反応してしまいました。


一度決めて実行に移したことは覆らないのが政治のお約束。
ですが、最近の教育に関するニュースを見てると他人事には思えなくて…。
「ゆとり教育」もずいぶん悪者扱いされてますね~(苦笑)
そもそも「ゆとり」と「詰め込み」なんていう本来は無関係な要素を
対立させて後者がダメだから前者に変更し、数年しか経たないうちに
今度は学力低下が問題となったのでまた変更。
よくこんな無責任なことが出来るもんだと感心します。


そんなニュースを見てるとロースクール構想もひょっとしたら…
なんていう思いに駆られる瞬間があります。


でもまぁ今回の法相の発言は、
どうせそう遅くないうちに職を解かれる一閣僚の発言として
軽く流しておけばいいのでしょう(皮肉)
どう考えても今の内閣が長続きするとは思えません。



新試験の合格発表がまもなくありますが、その前に今年の合格者数の
詳細等を決める会議が数日後に開かれます。おそらく。

今年の試験をめぐっては問題漏洩等の情けない騒動があったのはご承知の通りです。
そして今のところ何の落とし前もつけられていません。


大臣の発言の真意が、合格者数を抑えるためにも不正を働いた大学院の
受験者は全員不合格にすべきだ、というところにあったとしたら…神です。
「三○法○○」を正面から敵に回すその勇気を最大限賞賛します。


おっと、ついつい書きすぎました。



なんにせよ、これから人生かけてその試験に臨む身と致しましては、
制度がぐらぐらするような事態だけは避けてください!
この一言が言いたかっただけです。



世の中の動きも耳に挟みつつ、やるべきことは目の前の課題です!
がんばります!!


批判・意見等があるかも知れませんが、「息抜き」で書いているブログだと
いうことを踏まえたうえでお願いします。



次の衆院選はいつでしょうね~。
2007.09.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://west6.blog60.fc2.com/tb.php/483-e58e4918

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。