上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
天気予報で明日の最高気温が6度になるでしょうと言ってたのを聞いて、
「もう冬眠するしかないか・・・」と結構真剣に考えたナラです、こんばんは。



明日は今シーズン一番寒いらしいですね~。
東京でも雪になったりするのでしょうか?





日を遡ること2日、木曜日のお話です。
その日は某ゼミ形式授業の最終回ということで(?)、どういう繋がりがあるのか全く不明ですが、
教授が超大物ゲストを呼んできました。


間違いなく大物です。
法律やっててこの人の名前を知らないとモグリと言われても仕方ないようなビッグネーム
がいらっしゃいました。


教授としては当初この超大物にちょっとした講演会をお願いしたらしいのですが、
それじゃ面白くないだろうから授業をやりましょう!
ということでめでたく大物ゲストのゼミが開催されることになりました。



そして当日。
最初はやはりお互い初対面ということでざっくばらんな話から始まったのですが、
開始して5分程過ぎた頃…

大物「じゃあ…そこの赤い服の人!」

ん?僕か??
赤というよりはオレンジで、しかも白い部分の方が多いようなシャツだったのですが、
左右に座ってた人の服装はどちらかといえば青に分類されるものだったので
間違いなく指名されたのは僕です。


うわ~、早いタイミングで来たなぁ、まだ心の準備が…



それでも最初のうちは処理できる範囲の問いかけだったので
なんとかなったのですが、途中から大物もエンジンがかかってきたみたいで
質問が鋭く、かつ、真剣な表情をこちらに向けてきていました。



ついさっきまでの温厚な表情はどこへ・・・



細い綱をなんとか渡り切ろうと奮戦したつもりでしたが、
いつのまにか窮地へ誘い込まれ、止めの一言。

「君の考えだと、~~ということになるね。でもそれは私の考えとは違うね。どう思う?」



・・・ムリです。
大御所を目の前にしてその説を否定するほどの勇気はありません。




「それは・・・」と笑ってごまかすしかありませんでした。



まぁ、言ってた内容が間違ってたわけではなく、そもそも答えのないような問題
だったのでチャレンジしてみても良かったのですが・・・
やっぱりムリです。




そんなわけで約10分間、生きた心地のしないような時間を過ごしました。
その後は平和にゼミをこなし、そして終了後に研究室へ押しかけてサインを
頂きました!!
↑実は狙ってましたw



通常のゼミの5倍は疲れました。
でも貴重な体験ができて(終わった今となっては)よかったです。



ちなみに、その大御所の正体は・・・
業界人にしかわからないヒント:「新訴訟物」 です。

年齢を微塵も感じさせないエネルギーの持ち主でした。

2008.01.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://west6.blog60.fc2.com/tb.php/583-b0a9cf5c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。