上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
はい、今日は適性試験を受けてきました。



本題に入る前に軽く用語の説明。
適性試験・・・
法科大学院に入るために必ず受けないといけない試験で、
日弁連・大学入試センターと2つの団体が別日程で主催。
去年までは大学入試センターの結果しか受け付けない大学院が
圧倒的多数であったが、今年からどちらの結果でも可とするところが
増加。



と、くどくど書きましたが、
要は似たような試験を2回受けて2連敗を避ければ
いいというシステムです(笑)


その2回目に相当する試験が今日でした。(1回目は2週間前)

一回目で微妙なスコアを取ったので今日もそこそこ緊張感を
持ちつつ試験会場へ足を運びました。



ふたを開けてみれば…
第1部:40/50
第2部:40/50
計:80/100


ふぅ、これだけあればどこに出してもマイナス評価を受ける
ことはないでしょう。
ホッとしたっていうのが正直な感想です、はい。



何度もこのブログで愚痴ってきましたが、こういう
問題との相性や運次第で大きく結果が左右する試験は大嫌いです。


怪我なく無事終わってくれたので気持ちよく忘れます!



2ヶ月後には入試かぁ~。
もうそんな時期なんですね。
いろいろ書類も用意しなきゃ…


時間ってあるようで意外とないものですね><
とか言いつつ、今日からしばらくは1日1試合のペースで
サッカー観戦を楽しもうかなぁとか企んでるのは内緒です(苦笑)




ちなみに、関係者しか分からないネタで恐縮ですが
、2週間前の日弁連の結果。

第1部:87/100
第2部:26/100
第3部:62/100
計:175/300

難しかったとはいえ、この2部のスコアには自分でも
思わず呆れしまいました。
今まで受けてきた諸々の試験の中で一番低い得点率じゃないでしょうか…


今日の試験でコケなくてよかった~(しみじみ)
2006.06.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://west6.blog60.fc2.com/tb.php/97-d5c076cd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。